2008年05月06日

めかじきの洋風照り焼き

魚のあらは香辛料を使うと簡単にクセの強さをごまかせます。
R0014538


普通の魚の切り身などは高いので、あらを買います。
血合いなどがどうしてもクセが強いので、香辛料を叩き込んで美味しく食べます。
今回はバジルを使いました。
あらは筋の部分がよく入っていますが、火を通すと独特のコリコリ感がとても美味しいです。

・構成
油少し
香辛料(バジル)
みりん少し
醤油少し

・手順
めかじきに香辛料みりんと醤油をかけて15分ほど放置します。
フライパンに油をたらし、めかじきを敷いて蓋をし、中火で加熱します。この時、かけておいた香辛料、みりん、醤油も一緒に入れます。
火が通ったら完了です。
posted by しは゛ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。