2008年07月24日

和風だしと牛肉のカレー

夏といえばカレー、夏といえば素麺。
煮込まない系のカレーの味付けに素麺だしを使いました。
牛肉のこってりさと素麺だしの旨みによってちょっと風変わりだけど美味しいカレーになります。
R0014725
R0014725 posted by (C)しは゛

・構成
キャベツ適当に多く
ちんげんさい1株
スパイス少し(唐辛子、ターメリック、バジルなど)
水少々
牛肉(煮込み用)50gほど?
素麺だし少々

・手順
牛肉はあらかじめ下茹でしたあと肉だけ取り出し、素麺だしで少しゆでて味をつけておきます。
キャベツとちんげんさいとを切って、スパイスと一緒に炒めます。
少し火が通ったら、牛肉と牛肉を茹でた素麺だしと水とを入れてひと煮立ちさせます。
肉と野菜に火が通りきったら完成です。
posted by しは゛ at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きゅうりの欧風酢の物

バジルとオリーブオイルを使えばなんでも欧風メソッド。
R0014723
R0014723 posted by (C)しは゛
・構成
きゅうり1本
オリーブオイル少し
お酢少し
塩少々
バジル少し

・手順
きゅうりをざくざく切って塩をすり込みます。
きゅうりにお酢をかけて少しなじませてからオリーブオイルをかけます。
仕上げにバジルを振ったら完成です。
posted by しは゛ at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

いわしの刺身(失敗)

今日は失敗! 上手くさばくことができませんでした。
時間掛かったし手際も悪かったしで見た目悪いわ、はらわた取ったときに水で洗いすぎたのか水っぽいしで、さっぱりでした。

R0014712
R0014712 posted by (C)しは゛

まだ何もコツつかんだわけではないですが、魚を自分でなんとかできると、安価に美味しい刺身をたらふく食べれるようになるので、失敗を繰り返しながら少しずつ慣れていこうと思います。
posted by しは゛ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

エコ・ラタトゥイユ

作る労力がエコなラタトゥイユです。
手抜きではありません。エコです。
R0014676
R0014676 posted by (C)しは゛
本来、夏野菜を炒める工程があるようですが、そんなものは無視しています。
とかく煮込んでトマトを放り込んで味を調えたら大丈夫なのです。


・構成
たまねぎ2玉
にんじん2本
きゅうり3本(ズッキーニと似てるから)
トマトの缶詰1缶
だし汁 汁椀1杯分
 内容:素麺出汁、醤油、みりん、ゆで豚のゆで汁を適当に混ぜて煮たもの
水 適当

・手順
だし汁と水を鍋に張り、野菜類を一口大に切って鍋に入れ、火を通す
火が通ったらトマトの缶詰を入れてひと煮立ちさせる。
味見をして薄かったら塩気を足し、完成。
posted by しは゛ at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

鶏もも肉のグリル

失敗する余地の無い、簡単料理です。
袋ラーメン作るほうが面倒になるぐらい簡単です。

R0014636

肉に砂糖醤油をかけて、魚焼きのグリルに入れて焼くだけです。
工数が少ないくせに、見た目も味も豪華です。

グリルで魚を焼くときと同じ要領で、肉を入れて焼くだけです。
両面焼きグリルの弱火で13分ほど焼いたら丁度良かったです。

・構成
鶏もも肉
醤油少し
砂糖少し

・手順
鶏もも肉に砂糖をパラパラとまぶして、醤油をたらします。
グリルに入れて、中まで火が通るまで焼いて完成です。
posted by しは゛ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

夏野菜と鮭のナチュラルチーズパスタ

鮭とチーズでこってり&夏野菜であっさりの暑い季節のスタミナ付けにぴったりのパスタです。
R0014621

チーズの銘柄は忘れましたが、スーパーで半額で売っていた白カビ系のチーズです。
たまにこういうのを買うと、自炊生活に潤いをもたらすことができます。
なお、鮭は塩鮭のあらを使っています。あらは安くて素晴らしいです。

・構成
パスタ200g(2人分)
トマト2玉
きゅうり1本
塩鮭1切れ(既にやいてある)
ナチュラルチーズ適当
油少々(オリーブオイル使用)

・手順
お湯を沸かして、パスタを茹でます。
茹でている間に、フライパンに油を引き、鮭と食べやすく切ったトマトときゅうりをいれて加熱します。
トマトの風味を殺さないように、熱しすぎに注意します。
茹で上がったパスタをフライパンに入れ、ナチュラルチーズを適当にちぎって放り込み、少し火を入れてチーズを溶かしたら完成です。

posted by しは゛ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

鯖の白子カレー

鯖の白子を買ったものの、ちょっと匂いがきつかったのでカレーにしました。
R0014626

今回はターメリックを使わず、唐辛子分を増やしているので、色が赤いです。
よく汗がでてきます。
見た目は独特ですが、ちょっと異国情緒あふれるともいえなくもないと思ってます。

・構成
油少し(オリーブオイル使用)
香辛料少し(クミン、バジル、唐辛子など)
塩少し
鯖の白子(既にゆでてある)
適当な野菜(キャベツとサラダ菜を利用)

・手順
フライパンに油、香辛料、塩を入れて弱火で加熱します。
香りが立ってきたら鯖の白子を入れて少し火を通します。
野菜を入れて、しんなりしてきたら、完了です。
タグ:カレー 白子
posted by しは゛ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

めかじきと夏野菜のカレー

この間のめかじきと冷蔵庫にあった夏野菜を使ってまたもカレーをつくってみました。

R0014563

長く煮込むカレーではないので、水分の多い夏野菜も手軽にカレーにして味わえます。
また、めかじきとは魚つながりで、すくがらす(沖縄の小魚の塩漬け)と塩鮭を塩味付けに使ってます。

・構成
油少し(オリーブオイル使用)
香辛料少し(クミン、バジル、ターメリック、唐辛子など)
塩少し
レタス適当
きゅうり適当
ちんげんさい適当
水適当
調理済みの魚(めかじき、すくがらす、塩鮭)

・手順
フライパンに油、香辛料、塩を入れて弱火で加熱します。
R0014557
このような感じに弱火で油を熱して香辛料の香りを出します。
香りが立ってきたら野菜と魚を入れて、野菜がしんなりするまで加熱したら完了です。
魚は今回調理済みなので、野菜がしんなりする頃には美味しく温まっています。

続きを読む
posted by しは゛ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

ローストポークと、ローストポーク&トマトのドライカレー

豪華なくせに簡単に作れるのでハッタリを効かすときにも使えます。

R0014542

塩と香辛料をすりこんで焼くだけの簡単手抜き料理です。
失敗はありません。せいぜい焦げるか生焼けかぐらいでしょう。
焦げたらその部分を削ぎ、生焼けならフライパンで焼いてポークソテーにすればよいのです。

なおちゃんとした作り方は何パターンかあるので、細かくはネットを調べて下さい。

・構成
香辛料(バジル)多め
塩多め
豚ブロック

・手順
豚ブロックに香辛料と塩をすりこんで30分ぐらい常温で寝かせます。塩と香辛料はたっぷりすりこんで大丈夫。
魚焼きグリルに突っ込んで焼きあげたら完了です。
読んだレシピには両面焼きで12分焼くとかかれてあったので、その通りにしました。

ただ、肉のサイズの問題か生焼け多発。
R0014546


・ローストポーク&トマトのドライカレー
ローストポークに生焼けの箇所があったので、その部分を使ってドライカレーを作りました。

R0014551

ルーは使わず自分で香辛料を合わせます。
ルーを使うのと比べ脂っこくなく食べやすいカレーになります。
香辛料は、クミンと唐辛子とターメッリクがあれば大丈夫です。

所要時間は10分以内だったと思います。

・構成
油少し(オリーブオイル使用)
香辛料少し(クミン、バジル、ターメリック、唐辛子など)
塩少し
トマト1玉
ローストポークの生焼けの部分少し

・手順
フライパンに油、香辛料、塩を入れて弱火で加熱します。
香りが立ってきたらローストポークを入れて少し火を通します。
一口大に切ったトマトとご飯を入れてひとまわししたら、完了です。
posted by しは゛ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めかじきの洋風照り焼き

魚のあらは香辛料を使うと簡単にクセの強さをごまかせます。
R0014538


普通の魚の切り身などは高いので、あらを買います。
血合いなどがどうしてもクセが強いので、香辛料を叩き込んで美味しく食べます。
今回はバジルを使いました。
あらは筋の部分がよく入っていますが、火を通すと独特のコリコリ感がとても美味しいです。

・構成
油少し
香辛料(バジル)
みりん少し
醤油少し

・手順
めかじきに香辛料みりんと醤油をかけて15分ほど放置します。
フライパンに油をたらし、めかじきを敷いて蓋をし、中火で加熱します。この時、かけておいた香辛料、みりん、醤油も一緒に入れます。
火が通ったら完了です。
posted by しは゛ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。